みんながつながれば、もっとたくさんの医薬品・医療機器が生まれるはず。

みんながつながれば、もっとたくさんの医薬品・医療機器が生まれるはず。

  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. 業界活動

トピックス&ニュース


2019年4月9日
第12回DIA Regulatory Affairsトレーニングコースのプログラム委員長を務めます(東)。
第16回DIA日本年会2019のプログラム委員を務めます(東)。
(2019年11月10日~12日)
2018年8月23日
Blockbuster TOKYO(東京都創薬系ベンチャーアクセラレーションプログラム)のパートナー企業としてコラボレーションすることになりました。
https://www.blockbuster.tokyo
第36回日本神経治療学会学術集会のシンポジウム15「未承認薬の承認への道筋と課題」で講演しました(小林)。(2018年11月25日)
2018年8月17日
第66回日本心臓病学会学術集会の会長特別企画「3. 臨床研究法のもとで臨床研究をどう始める?」で講演しました(冠)。(2018年9月7日)
2018年4月13日
第15回DIA日本年会の副大会長を務めます(冠)。
セッション(V3-S1)「医師主導治験から学ぶ治験の効率化と早期臨床開発への応用」の座長を務めました(小林)。
(2018年11月11日~13日)
2017年11月14日
第14回DIA日本年会のセッション(V4-S6)「効率的な医薬品・医療機器開発のために、アカデミアと企業はどう連携すべきか?-医師主導治験で実施した医薬品、医療機器の同時開発・承認事例から考える-」にパネリストとして参加しまた(小林)。
2017年09月03日
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in 名古屋でシンポジウム「医師主導治験の運営~壁は壊せる、乗り越えられる」、「医療現場のニーズから始まる医療機器開発」の座長を務めました(小林)。
2017年03月04日
第19回CRC養成フォローアップ研修会(主催:日本病院薬剤師会)で「医師主導の臨床研究(医師主導治験を含む)の実施体制」の講義を担当しました(小林)。
2016年11月26日
第6回「医師主導治験に関するGCP基礎セミナー」(主催:国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門)で講演しました(小林)。
2016年09月~
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in 名古屋のプログラム委員を務めました(小林)。
2016年06月07日
レギュラトリーサイエンス学会誌(Vol.6 No.2, 2016) のシリーズ(医薬品・医療機器評価をめぐる最近の話題)に「医師主導治験の発展と話題」が掲載されました(小林)。
◆2016年度以前の活動内容はこちら